main main

実験の結果

疲労減少効果

イミダペプチドには疲労回復作用以外にも様々な効果がありますが、その効果を検証した運動の実験がありますので、そちらをご紹介しようと思います。

イミダペプチドを4週間毎日摂取した後、4時間の自転車運動を行った場合の疲労度を測定するという実験で、イミダペプチドを摂取した場合と摂取しなかった場合での比較を行いましたが、その結果はイミダペプチドを摂取していたほうが疲労度がたまりにくいというものでした。
また、実験終了後の疲労度の推移を見ても、イミダペプチドを摂取していたほうが疲労回復が早かったという結果も出ています。
このことから、イミダペプチドには疲労減少効果と疲労回復効果があることが実証されました。

イミダペプチド製品は200mgの配合を基本としていますが、これも実験から導かれています。
200mgを下回る摂取量では効果は期待できず、200mgよりも400mg摂取した場合のほうが疲労の減少効果は大きくなりました。また、400mg以上の摂取では400mgの摂取時との差はあまりありませんでした。
このことから、必須配合量である200mgが基本とされ、最大の効果を見込むなら400mgの摂取が薦められています。

最新情報

2014/04/14
元気の源を更新しました。
2014/04/15
効果と作用を更新しました。
2014/04/15
脳の疲労にもを更新しました。
2014/04/17
認知症予防効果を更新しました。
2014/04/17
実験の結果を更新しました。
2014/02/25
実証されたものを更新しました。