main main

脳の疲労にも

疲れた女性

疲労度は主に体に対して使うものですが、人間には人間ならではの疲労というものがあります。
それが、脳の疲労です。
人間は考えて行動することができる生き物ですが、その思考の複雑さゆえに脳の疲労というものが極めて大きいです。
1日で最も疲労する部位は脳である、といっても過言ではありません。
そんな脳に対しても、イミダペプチドは作用するのでしょうか。

結論から言えば、イミダペプチドは脳にも作用します。
イミダペプチドを摂取すると、一旦βアラニンとヒスチジンというアミノ酸に分解されて血中を巡ります。
そうして巡ったアミノ酸はその生き物が最も酷使する部位に移った際に、そこにあるイミダペプチド合成酵素によってイミダペプチドに再合成されます。
イミダペプチドが注目される元となった渡り鳥の場合、それが羽の付け根である胸肉だったため、鳥の胸肉からイミダペプチドが摂取できるということです。
そしてこれが人間の場合であれば、脳ということになります。
イミダペプチドは脳でしっかり再合成され、抗酸化作用を発揮するのです。
つまり、身体の中で最も疲労している部分にピンポイントで作用しているのです。
この点がイミダペプチドと他の抗酸化作用成分との大きな違いであり、イミダペプチドが疲労に最も効果があるとされる要因のひとつでもあります。

最新情報

2014/04/14
元気の源を更新しました。
2014/04/15
効果と作用を更新しました。
2014/04/15
脳の疲労にもを更新しました。
2014/04/17
認知症予防効果を更新しました。
2014/04/17
実験の結果を更新しました。
2014/02/25
実証されたものを更新しました。